スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いかもっ!鯛ラバ!!

ど~もど~も、鈴木でございます。
今後ともど~ぞよろしゅう♪

さてさて、巷で話題の(ってかすでに遅い??)の鯛ラバ。
世間一般では「インチク」「鯛ラバ」のことを総じて「漁ギング」なる位置付けで呼んでいるが、正直「インチク」の方はこのブログ見てくれている方ならご存知の通り、ちょこちょことイタズラ程度にやっていたのだが「鯛ラバ」に関しては一切手をつけていない状態でございましたテヘッ
「インチク」はタダ巻き&シャクリを入れられるので、ジギングから入ってくる(自分なんかはこっち)人間にとっては入りやすい道具の一つであるのだが「鯛ラバ」に関しては、

タダ巻き

アタリがあってもタダ巻き

魚が掛かるまでタダ巻き

ってのが世に出ている本に書かれていたことで、オイラ自身では
「アクションも入れられず、ただ巻いてるだけなんてつまんね~~~!!」って思ってたんですよ。ハイ。

その点「インチク」は適度にシャクリを入れることもでき(タダ巻きでもウォブリングします)ちょっとジギングっぽい要素が入っているので好んでやってたんですが、正直言って「見る&聞くと、やるのでは大違い」ってことを認識いたしました。



ボトムまで落としてタダ巻き。これはルアー(あえてこう呼ばせていただく)の特性上仕方ないので、これに我慢できない人は続けられないとは思いますがw
ただこの先はやっぱり実体験してみないと判らない(というか感じられない)ことが多々ありまして。

アタリがあってもそのまま巻き続けるのは、しっかりとフッキングさせるための布石。
軽い「コツコツ」というアタリで合わせてもまず魚は針掛りしておりません(体験済み)
そこから巻き続けることで本アタリ(フックまで咥えて反転する)が出るまで誘いをかけることができるのだと考えます。

そこで肝心なのは「どのアタリが本アタリなの?」ってこと。

これはルアー釣りをしている人より餌釣りしてる人の方が詳しいかもしれませんね。
エサの端っこを魚が咥える(これでもロッドにはアタリは伝わります)
端っこからモグモグとエサを食べて針のある部分まで口の中に入る(この時が一番のチャンス)
ここでアワセを入れるのが一番の理想的な食わせ方ですね。
「鯛ラバ」もこれが通用するとオイラは思うのです。そしてそれが「鯛ラバ」の一番の楽しみじゃないか?とも思うのです。

あれ?「アタリがあってもタダ巻き。魚が掛かるまでタダ巻きって言ってたじゃん!」って思うでしょ?
そこが「見る&聞くと、やるでは大違い」ってこと。
鯛の口は堅いのです。そこへしっかりフッキングさせるにはしっかりアワセを入れないと針掛かりが浅く(もしくは針が刺さっておらず引っ掛かってる状態)なってしまうのです。鯛以外の魚であればリトリーブ中のいわゆる「巻き合わせ」でフッキングができるのでしょうが、口が堅い魚ではそうはいかないようです。
ですから「アワセのタイミング」ってのがキモになってくるのですね。

ルアーの場合はアタリがあったら即フッキング(多少例外はありますが)ジギングだとシャクってる時のカウンター気味のアワセも入ります。鯛ラバはどちらかというと餌釣り要素が強いような気がします。
ヒラメやマゴチ、青物の泳がせ釣りのイメージをオイラは感じました。

エサのイワシやアジを咥える魚。
そこで合わせてもすっぽ抜けるだけ。
待て待て、もう少し食い込ませてからだ!と自分に言い聞かせる。
ロッドのティップはゴツゴツとお辞儀をしているが海面に突き刺さる感じではない。
その瞬間、一気にロッドが海中に突き刺さる!
今だ!!と思い切りアワセを入れる!!!


強烈なアワセを入れた瞬間、ロッドから重みが消え手には魚の手ごたえすら感じなくなった。。。
すっぽ抜けだ…もう少し食い込ませるべきだった。。。


…とまぁ、こんな感じな妄想(イマジネーションって言うの?)を思い浮かべる釣りだとオイラは感じました。


長栄丸のイケスは水族館(笑)

何かしら釣れると感覚がわかってくるものですが、やっぱりアワセのタイミングは重要。
(大鯛がヒットしたらしっかり合わせないと途中でバレる可能性大!オイラも2発やらかしましたw)
しっかりフッキングできないと針外れや針が折られる可能性も出てくるそうです(長栄丸せんちょ談)

魚の引きを楽しむ釣りもあれば、魚を掛けるまでを楽しむ釣りもある。そして魚を掛ける瞬間を楽しむ釣りもある…と。
「鯛ラバ」は掛ける瞬間を楽しむことのできる釣りではないか?とオイラは思いました。
ちょっと泳がせ釣りの感覚のルアー釣り。そんなとこかな?>「鯛ラバ」

いろんな場所で可能性はあるでしょうけど、やはり専門に追いかけてる船宿があればそこへとりあえず行ってなんでもいいから魚を掛けて(それが大鯛ならいうことナッスィング!)感じてみると良いかも知れません。
外房の長栄丸さん。ばっちり鯛ラバ&インチクでの釣りを追いかけてマス。何かが見えるかもよ~~~(笑)

これから乗っ込みの大鯛の季節です!オイラもでっけ~鯛を釣ってやるぅ~~!!
やってみて気付くこと多く、ちょっとこの釣り…好きになりそうですwってか好きになりました(爆)
各地で釣果もでてきているようです。これを気にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんよ?!
※ちなみにオイラは50センチのホウボウをゲットさせていただきました。次は小さくても真鯛を期待しております♪

それでは今日はこのへんでダッシュさいなら!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

suzuki714

Author:suzuki714
釣果よりプロセスを大事に!
楽しみながら釣りをしております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。